ビジネスホテル客室清掃の仕事に復活! 試雇期間中の解雇の続編

試雇期間中の解雇の続編

昨年12月22日に雇用した総務部長が、試雇期間中の3月16日に突然解雇された件の続きです。
慰謝料というような名目で6ヵ月分の給料を払えという文書が来て、弁護士に対応をしてもらったにもかかわらず、東京労働局というところから、「あっせん開始通知書」なるものが届いた。

元総務部長Hが、あっせん申請書を労働局に提出をしたらしい。そして、それを受けて、労働局では、Hと会社の間の話し合いを取り仕切る、あっせん委員を立てるので、話し合いに応じろ、という内容だ。あっせん委員というのは、弁護士や大学教授、社労士などの労働問題の専門家が選任されているそう。

しかし、その話し合いに応じなかったところで、会社側が不利になるということはなく、話し合いで解決を試みようとしたHが、今後、訴訟や裁判に移行するかどうか、といったところ。

60年以上会社経営をしてきた会長は、今までこんな経験がなかったので、多少動揺しているように感じた。こちらにも決して非がないわけではなく、逆に感情で物事を処理してしまうタイプの人間なので、いつかこういうことがあってもおかしくないと、私は思っていた。

超ワンマンだから、今までなかったことが逆に不思議。というか、ワァーワァー騒いだところで、弁護士にお金をたくさん払って処理させてしまうから、つまらないことをしないほうが得策だと考えて、辞めていく社員が今までどれだけいたことか・・・・っていう会社なのだ。

こんな会社だけれど、自分にとっては居心地は良い、とまでは言えないが、悪くはない。あまりにも、労働者の権利を振りかざすと居心地はかなり悪くなるけど、そこそこ我慢をして、やるだけのことはやっておくと、それなりにいいことがある、のです。それなりに良いこととは、もちろんお金にかかわることですよ。やっぱ、お金のために働いていると強く実感するな、この会社にいると。良くも悪くも。

最近は、こんな会社にずっと居るもんだから、ビジネスホテル客室清掃の記事を書いていなくてすみません。



関連記事
スポンサーサイト



非公開コメント

目 次
プロフィール

みさリン

Author:みさリン
ビジネスホテル客室整備のプロをめざし日々頑張ってます
シンガポール旅行が好きで今迄もこれからもホテル清掃の事を中心に旅行の事も盛り込んでブログ作りをしていきたいと思ってます。




カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード