ビジネスホテル客室清掃の仕事に復活! 2009年04月

ホテルが決まった!!

今日は午後2時に面接へ行ってきた。
面接する方に会うまでは結構緊張していたが、
案の定面接が始まると次から次へと言葉が出てきて、
1時間近くかかってしまった。いつも始めての事をする時は、
最初すごくドキドキなんだけど、始まってしまうと肝がすわり案外堂々としてしまう。
始めのドキドキ感ってなんだったんだろうと不思議に思う位いつもそうだ。
この特徴?が一事が万事自分なのだ。これが自分のキャラクターか。

面接では、やっぱり未経験なので最初は10時から3時のパートさんと同じで、
3ヶ月から6ヶ月後くらいでインスペクターを目指し、その後また6ヶ月位で
客室副責任者を目指してやっていきましょうということだった。
約1年で副責任者になれるのか質問したところ、
やる気さえあればなれます!と言われた。そうかぁ~なれるんだー。
希望通りに責任者まで上り詰められるんだと思い、もうここに決めようか。
しかし、最初は5時間のパートだから経済的にちと苦しいが、
何とか預金を取り崩しながらやっていくしかないかな。
徐々に楽になっていくと信じながら頑張ろう。

面接していただいた人の話によると、
私のように客室整備をやりたくて入って来る人は殆どいないそうだ。
皆そんなにやる気のある人は稀で、珍しいと言う。
でもいいじゃん。やりたいんだもん。素敵な仕事だと思うけどな。

年齢的なことを結構気にかけていたが、若い方だそうだ。
この年齢だったらまだまだこれからですよ、とも言われた。OKじゃん。

ということで、採用ですがいいですか?っていきなり言われたので、
「実は明後日もう1社面接があるので、その後に連絡させて戴きます。」
と嘘をついてしまった。もうここで決めようと殆ど決心していたが、
とっさにすぐ返事をするより一日だけ置こうと考えてしまった。ごめんなさい。
でも、明後日お願いの電話を入れようと思っている。

そして、予定通り5月1日から初仕事。ホテルも決まった。
それがとっても偶然で、先月退職した会社から徒歩で7~8分の所なのだ。
それにその退職した会社は、12年前入社した時少し驚いたのだが、
新卒で就職した銀行から配属された支店がメインバンクだった。
だから、ホテルと退職した会社と銀行がそれぞれ徒歩で7~8分の距離なのだ。
この地域に縁があるのだろうか?この辺は繊維街で問屋さん等が多い。
結構面白い地域でもある。ホテル自体はまだ新しくて綺麗。
部屋数はシングルが241室でツインが18室の合計259室。
見た目より大きいって感じ。無料朝食がついている典型的なビジネスホテル。

さあ、いよいよ客室整備デビューだな。
このブログは客室整備の仕事がメインだからやっとの事で本題に入れる。
今まではプロローグでしかない。これからが勝負。
やるぞー。エイエイオーっだ!!
関連記事
スポンサーサイト



面接

今朝、清掃会社に面接依頼の電話をした。
ただ電話するだけなのにとてもドキドキしてしまった。
今まで自分が面接する側だったけど、今度は逆だ。
面接慣れをしているつもりだったけど、する側とされる側とは
全然違うとつくづく感じた。
こんなに動揺するとは思わなかった。我ながら情けない。
明日は大丈夫だろうか?
前職に就く前は、結構転職をしてきたから面接慣れをしていたが、
もうずーっと以前の事だし、今回は未経験の仕事ということもあり、不安なのだ。
それにこれからの人生の糧にしたい仕事だけにかなり緊張している。
でも、自分はいざとなったら堂々としているタイプなので自分を信じよう。
絶対うまくいく。いい方向に話を持っていける。頑張れー。
もし、駄目だったら今度は職安に行って探すつもりだし。もうちょっと気楽にいこう。

さあ、ぐっすり寝て明日に備えよう。

今日は旅行記はお休みしたいと思います。
が、今度の旅行(いつになるかなぁ)の時に泊まりたいホテルをアップします。
だいぶ先の事になるが、楽しみを先に見つけてから頑張る主義なので。

Mayo Inn farcade  Mayo Inn room1
Bugis駅, Little India駅から徒歩で7~8分くらいの所にある《Mayo Inn》だ。
このホテルに泊まる為、客室整備の仕事頑張る。

関連記事

大丈夫か!

もうすぐ退職してから一ヶ月が経つ。
やりたいことを結構やってこれた。でも予定では今週中に面接を受ける、
という事だったが、行動していない。なんかもう少し家に居たくなったからだ。
あんなに毎日毎日仕事をしてた事が、今では信じられない位ぼんやりしている。
体調を崩していたから仕方ないか。ちょっと焦ってきたが、目的の為に頑張ろう。
さあ、明後日は絶対に面接を受けられるように行動開始だ。
履歴書はもうプリントして写真も貼ったし、面接用のスーツも出したし。
明日は面接時に質問するべき事をメモに書いて準備万端だ。
月曜日午前中に決めておいた清掃会社に早速電話をしてすぐ面接になるか。
できればキリの良い5月1日から仕事を開始したいけど、
ゴールデンウィークから仕事を始めるなんて足手纏いになるのだろうか。
そこら辺が心配だな。世間では今日からゴールデンウィーク開始という人も
いるのに、自分は既に一ヶ月近くのんびりして5月から仕事開始なんて。
まあ人それぞれだからいいか。こんな気持ちになるのも、今まで普通の企業で
月曜日から金曜日まで働いて土日休んで盆暮れ・GMを世間一般通りに
休んできたからだろう。でもこれからは違うのだ。
世間が休んでいる時に働いて、世間が働いている時に休む。
それがいやではなく、かえって嬉しいというかなんというか。

でも、もうすっかり前職のことは忘れた。
後任者からメールもここ何日かきてないし。目標が出来て頑張っているらしい。
自分もなりたかった自分目指してやるゾー。



という訳で今日も、今回のシンガポール旅行の画像をいくつか。

  この木なんの木   ショップハウスの後ろ側   マーライオンの後姿
左:この木はなんの木か知りませんが、シンガポールのあちこちで見かけます。
  存在感があって好きなんです。
中:ショップハウスの裏側。住居として使用されているのではなく、店舗用だから
  エアコンの室外機が沢山。すごいです。
右:マーライオンの後ろ姿。勿論水を噴出していますが、後ろからだと見えません。

今回は沢山写真を撮りすぎてまだ整理ができず、取り敢えず目に付いた画像です。


関連記事

予定変更&ショップハウス

今週から就活開始の予定だったが、少々体調が悪くなり予定変更。
来週から開始することにした。といっても一応求人冊子を見て
電話だけして面接の日時を決めておこうとは思っているが。
流石に退職後の6日間に渡る部屋のリフォーム?の3日後に
旅行に出かけハードに動き回ったツケが来てしまったのだろう。
のどが痛くてだるくて仕方が無かった。熱は出なかったけれど、
久し振りに風邪を引いてしまったのかな。
常夏のシンガポールから帰って来たので、体力がなくなっていたせいもあるな。
それにもうちょっと家に居たいという思いもあるかな。

でも、昨日は退職金が入金されていたので、
住宅ローンの繰上げ返済の為銀行に行った。
といっても、借り入れをした支店に足を運んだのではなく、
家の近くの支店へ行き、ATMの隣に設置されているテレビ窓口という鍵の掛かる小部屋みたいなところで小さなテレビ画面に映る行員さんの指示に従いながら、
簡単に手続きが出来るのだ。ビックリした。こんなに簡単にできるなんて。
私が高卒で銀行に入社した時にはファックスさえなかったのに。
テレックスという紙テープの様な物に点字みたいなのを打って送信するといったのがあったのを覚えている。
余談になってしまったが、昨日は天気が悪かったが早く返済をして
しまいたかったので、体調が悪かったが出かけた。
でも、手続きが終わってから、また頑張って働こうと元気が出てきた。
ある程度お金がないと何もできないからなぁ。



今日はシンガポール旅行記その2 ということで、
自分がなぜシンガポールに惹かれるのか、いくつか理由があるが、
その一つとなるショップハウスをアップします。
昔、ショップハウスというのは1階がお店になっていて、2階・3階が住居になった
建物で、シンガポールだけではなくマレーシアなどにも多いらしい。
今では殆どが1階は店舗だが2階は事務所になっているらしい。
間口が狭く奥行きが深い、窓に特徴のある建物。
間口の広さによって税金が決められたので、出来るだけ狭くしたらしい。
再開発の為、ペンキで綺麗に塗られているが、以前はボロボロ状態の
ショップハウスが大方だったところ、昔の町並みを残す為、建替えずに
リフォームをしたということ。今回の旅行で泊まったKATONG地区には
NIPPON PAINTという看板がかかっている店が何件かあった。
ペンキが大量に必要なことに目をつけた日本の企業が進出したのか。

shophouse-katong  shophouse-katong2  shophouse-katong3
shophouse-katong4 shophouse-katong5  shophouse-katong6
shophouse-katong7  shophouse-katong8 shophouse-katong9
shophouse-katong10  shophouse-katong11  shophouse-katong12

今回の旅行はこのKATONG地区のショップハウス群を観るのが第二の目的だったので、ちょっと多めにアップしました。くどかったかな。
でも、このショップハウスが大大大好きなんです。ほんと綺麗です。
ちとうるさい位ペンキを塗り捲っているのもあるが、でもすんごいです。
ショップハウスはホテルやレストランやお店になっている所が今では多いですが、
上の画像は全て住居です。ショップハウスのホテルは2度泊まったことがあります。
日本にもショップハウスをリメイクしたようなホテルがあったら、
そこで客室整備をやりたいなぁ~と思うくらい好きなのです。



今日はここまでにします。 

関連記事

帰って来ました

一昨日の16日木曜日に5泊6日のシンガポール旅行から帰って来ました。
今回は退職後の自分をリセットする旅行で、のんびりする為に今までより
長く5泊にした筈だったが、のんびりどころか欲を出してしまい、計画して
いなかった所も行ったり、時間が余ったので同じ場所にもう1度行ったりと、
かなりアクティブに行動して来た。なのでとても疲れた旅になった。
でも、今までよりかなり現地の暮らしに密着した旅だったので大満足。
タクシーには一度も乗らず、電車とバスだけで動き回った。
あっ!でも帰りにホテルから空港へ行くときだけは電車もバスも
まだ動いていない時間だったので、タクシーに乗ったんだっけ。

日本のPASMOやSUICAと同じ様に、電車もバスも乗れるプリペイドカード
(イージーリンクカード)というのがある。前回の時に余った分が7ドルちょっと
あったが、取り敢えず10ドルチャージした。この17ドルでいけると願いつつ
毎日電車・バスに乗りまくり、結局残ったのが4ドルちょっと。
空港で1ドル68円で両替してあったから、13ドル(884円)で全ての交通費は
賄えた。5日間で884円なんて日本だったら考えられない。ほんと安い。

ホテルがあるパヤレバー駅には難なく行けたのだが、
駅からホテルがかなり遠かった。ホテルと反対側へ歩いて行ってしまったっけ。
なんか変だと思ってまた駅に戻り、駅から地図を片手にスーツケースを
引きずりながら約20分は歩いたかな。雨上がりの為、道もぬかるんでいた。
飲食店やらショッピングビルやらをいくつも超えてやっとホテルに着いた。
想像通りかわいらしい立派な建物だったが、やっぱり赤線地帯のはずれと
いうこともあり、ホテルのあるジョーチャット通りはパブやカラオケ店等があり、
ちょっと柄の悪い人達が多いかなという感じもした。でも怖くはなかった。

という事で、5泊お世話になったホテルをアップします。Fragrance Hotel Joo Chiatです。

fragrance hotel farcade fragrance room3 fragrance room2


fragrance room1 fragorance hotel view from window fragrance hotel shower room1 fragrance hotel shower room2 

思ったより広くて清潔で良かった。窓からの景色が結構自分好み。
でも、一つだけ難点が・・・ ベッドのシーツの下はビニールレザーで
汗を吸収せず、心地悪かった。でも、1泊4千円にしては良かった。

取り敢えず今回の旅行記のホテル到着まで。
その後は次回以降少しずつ書く事にします。



関連記事

行ってきます

昨日は久し振りに美容院へ行った。
白髪がすっごく目立つようになってしまったし、だらしなく伸びてしまったので。
もしかしたら今年初めての美容院かも。
あまり洋服とか身なりを構うほうではないので、
会社を退職してから、以前より益々気を使わなくなった。
でも、また四月下旬からはホテルの面接があるし、
決まったら早速働きはじめたいので、元に戻ると思う。


明日からシンガポール旅行。
朝6時ころに家を出ないといけないので、4時に起きる。
あまり眠れないけど、飛行時間が7時間なので、飛行機の中で寝ることにする。
それでは、行って来まーす。


関連記事

部屋の交換完了

やっと娘との部屋の交換が終わった。
予定では5日間で終わるはずだったが、ペンキが足らず6日間かかった。
家具の移動は土日で終わったが、アイボリー色のペンキを天井と壁に
塗ることにした。ペンキを近くのホームセンターに買いに行った。
以前約5年前にこのマンションに引っ越した時、リフォームは大方自分達でやった。
その時、和室だった自分の部屋を洋室にする為、天井に壁紙を張り、
壁にはペンキを塗ったのだが、和室の壁は凹凸があまり無くスムーズに塗れた。
しかし、今度移った洋室は壁紙が凹凸のある壁紙が張ってあり、
ペンキを多めに塗らないと凹の部分にペンキが入っていかないので、
ペンキの量が足りなくなったのだ。
それに今までの部屋は北が出窓、東が吐き出し窓、
西の壁半分が押入れだった為、壁の面積が少なかった。
でも、この洋室は北に窓が一つで両サイドは一面壁なので、
和室と比べ物にならないほど沢山のペンキが必要だった。
足りなくなったため、再度近くのホームセンターに買いに行ったが、
アイボリーはもう在庫が無く、仕方なくバスに乗ってドイトまで行って買った。
そんな訳で一日多くかかってしまった。やっと昨日で全て終わった。
天井にペンキを塗るのは初めてで、ずーっと上を向いての作業は
さすがに首が痛くなった。壁も塗っても塗っても終わらなく、
少しめげそうになった。でも、これから新しい仕事に就く前に終わらせて
仕事から帰ってから、ゆっくりこの部屋で寛ぎたかったので必死で終わらせた。
自分で出来ることは結構自分でやってしまうたちなので、
結構大変な思いをすることが多い。性格上決めたことは多少無理でもやってしまう。
でも大きな達成感もあるし、ここまで自分でやったという自信?あるかな。
これで退職後の一仕事が終わり、あとは旅行に向けてまっしぐら。

今日は買い物の帰りお茶をしながら旅行の計画を練った。
お小遣い(食事代・交通費)は1万5千円で足りるので、一応2万円にした。
6日間で2万円なんて安いよねぇ。また行けるなぁ。
その為にも、ホテル客室整備の仕事頑張るぞー。
旅行から帰って来て、次の週から仕事探しをします。予定通り。

6日間に及ぶ大変な部屋の交換作業もなんとかこなして、
今は疲労も無く元気だし、アラフィフといえ、まだまだ体力あるなーと実感。
多少の無理をした方が体力がつくのではないか。
でも、あまり過信してはいけないと思うので、ある時はほどほどに、
またある時は目一杯頑張る、という様にメリハリをつけてやっていこう。

ペンキを塗った部屋をアップします。
もともとベージュっぽい壁紙でした。カーテンレールの所の壁紙が元の色。
まだカーテンは買ってないので、今は無しで過ごしている。
中途半端な丈なのでニッセンにもこのサイズのカーテンは無い。
長めのを買って丈をつめるしかないかな。

   CA3A0149.jpg   CA3A0148.jpg
まだまだ片付いていなし、壁に絵等を掛けたいと思っている。
枕のところに置いてあるサルのぬいぐるみはシンガポール動物園で買ったもの。
たまたまココに置いてしまったけど、一緒に寝ているわけではない。言い訳。


さあ、もう寝よう。
昨日まで部屋の移動でがたがたして、寝るのが午前2時とか3時になっている。
睡眠が大事な私にとってはちょっと遅すぎる。
休んでいる時に夜更かしの習慣をつけてしまっては、
客室整備の仕事を始めてからが辛いだろう。
今日からは遅くても12時には寝よう。と思う反面、今だけしかこんな自由な
時間を過ごせる時もないだろうから、もう少しこの時を楽しんでおこうか。


今週月曜日から、後任者のFさんか夕方になるとメールが来る。
解らない事の質問とか、会社の様子など。
まだ退職してから一週間しか経ってないのに、
もう仕事の事が殆ど頭から抜けたような感じなので、
質問されても暫くは思い出すのに時間が掛かり、すぐ返信が出来なかった。
なんとか思い出して返信をした。翌日すぐ問題が解決した事を知りホッとした。
こんなことが3日くらい続いた。
やはり、独り立ちしたら不安な毎日を送っているらしい。
毎晩お風呂で一日の疲れをとって、一日一日を頑張ってほしいとメールした。
今日のメールでは、石の上にも3年・・・頑張りまーす、という返事が来た。
良かった。でも、FとCの冷たい態度にしょげているみたいだ。
私のいたあのポジションはほんとに孤独なのだ。
社長にはネガティブな相談はできなし、他の人は皆部下になる訳だし。
話をする相手がいないようなもの。
相談とまではいかなくても、多少の愚痴をこぼせる相手がいたらなぁ。
でもあのポジションの人がいるからあの会社は成り立っている。
社長と女性達の橋渡しみたいな。疲れると思う。
そんな状態でも自分の仕事はレベルアップしていかないといけない。
今思うとすごい状況の中で働いていた様に思う。
でも、そのお陰で自分自信も仕事も成長できたんだと思う。
だけど、そんな生活に疑問を感じてしまった訳だけど。
本当の人間の幸せってなんだろうと、この歳になって毎日毎日考え続けた。
出した答えが、私にとっては仕事のレベルアップよりも毎日ただコツコツと
自分に与えられた仕事をする、怠けず、慌てず生活していく。
そしてコツコツとやりたかった仕事がホテルの客室整備だったという事。
だから、これからの人生を客室整備にかけたい。
ちょっとオーバーかもしれないけど、私はやっぱり仕事が好きみたいだから、
この仕事で自分を、本来の自分を生きていきたいと思っている。
まずは、旅行で自分の精神をまっさらにして来たいと思っている。
決して観光旅行ではないのです。



関連記事

落ち着かない

やっと退職したというのに、こうして平日の昼間から家にいると、
なんか落ち着かない。今までは土日くらいしか家にいなかったからか。
ゆっくりしていいのになんだか焦ってしまう。貧乏性なんだな。


昨日はやっと午後4時から腰を上げて掃除をはじめた。
夜10時まで、要らない物をどんどんゴミ袋に入れた。
なんと45ℓのゴミ袋が4つと70ℓが1つ。
思い切って色んな物と別れを告げた。
ほんとに色んなものが次から次に出てきていやになった。
こんなに物に囲まれて生活していると物の有り難味を感じられないな。
今度からあまり必要ではないものはいくら安く手に入るとしても、
よく考えてから買うことにしようと思う。
沢山の物に囲まれていたり、いつでもお腹一杯だと、
神経が研ぎ澄まされないと、たしかマザーテレサが言っていた。
本当にその通りだと思う。必要最小限の物で、長く使っていくという
生活に切り替えよう。部屋も物が少ないとスッキリするし。
まさしくホテルの部屋のように綺麗にして暮らしたいな。
今朝は早めに起きて、5つのゴミ袋をマンションの集積所に出した。
このマンションは基本的にゴミの日当日じゃないと出せない。
一応置いておく場所はあるが管理人が常駐じゃなく、
それも週三日で午後からしか来ないので、
住人だけでゴミの管理をしている。
管理費も結構高いのに、なんか損をしている気がする。
でも、郷に入っては郷に従えで仕方ない。
去年までは役員をやっていて、役員会ではゴミ当番を廃止し、
管理会社に頼もうという意見もあり、私は賛成にまわってた。
そうなれば、いつでもゴミが出せるから住人には良い事だと思う。
でも結局、管理費が高くなるという事で却下されてしまった。
そんな訳で当日出すという決まりが続いている。改善は無理だろう。


高校時代の友人に退職した旨のメールを送った。
やっぱりビックリだった。
そりゃそうだと思うよ。だって、この会社一筋って感じで頑張ってたし、
色々勉強していたのを知っていた友人だから。

でも、こんな生活もやっぱりたまにはいいな。
こうやってゆっくりしている時間があるから、また頑張って働こうという
やる気が沸いてくる訳だし、またこういう時間がないと仕事に感謝する
ことも出来ない自分になってしまうだろう。
やっぱり時にはゆっくり出来る時間をもとう。
これからはガツガツ仕事をしないでもっとゆっくり頑張ろう。
またシンガポールでゆったりした時間を過ごしている人に出会って
パワーをもらって来よう。
サイパンにいる時もそうだったけど、なんかゆっくり時間が動いている。
シンガポールはサイパンと違って経済が発展した国だけど、
日本と違ってゆっくりした空気がある。決して観光で行っているからではない。
せかせかしていないし、のんびりゆっくり生きているって気がする。
ある人に、暖かい国の人は脳の中も暖かい、なんて言われたことがあるが、
本当にそうなんだろうか。そうだとしたら経済が発展しないと思うが。
そんなことはどうでもいいけど、私はシンガポールが好き。
ただそれでいいか。

joo chiat overview
これが今回泊まるホテルのあるカトン地区のジョーチャット



さあ、今日もこれから掃除だ。




関連記事

ついに退職しました

とうとう昨日退職をした。
おととい、仕入先、得意先の中で特にお世話になった9人の方に
退職のご挨拶をメールで送った。
その後すぐ電話をくれたり、メールで返事をくれたり、
メールを送った9人の方全員から連絡をもらった。
皆とても惜しんでくれているように感じ、うれしかった。
これでもうやり残した事も無く、無事に退職できた。
仕事が終わってから社長が予約をしておいてくれた日本料理の店で、
送別会をやってくれた。
座敷で足が痛くなりながら、久し振りにアルコールを飲んだ。
ビールを小さいコップで2杯とグレープフルーツサワーを1杯。
普段は殆どアルコール類は飲まないので、ちょっと酔った。
天ぷらがすごくおいしい店だった。
社長が、この11年余りの間私のやってきた仕事にすごく感謝しているという
話から始まって色々あったこれまでの話で暫し時が流れた。
他の事務員の人は少し白けているような感じでもあった。
最後なんだからいいじゃん。と思うけど、皆にしてみれば
やめていく人よりこれから残る人をもっと大事にしてほしいって感じなんだと思う。
でも、最後に意地悪Fからプレゼントを頂戴した。
そして、その子分Nから花束をもらった。Nは涙ぐんでいた。どうして?
私のことが目障りだったんじゃないの?と思っていたけど、
本当はそれ程じゃなっかったんじゃないかと感じた。
「今まで色々教えて戴いて本当に有難う御座いました。」って
涙を溜めて言ってくれただけでも、嬉しかった。
社長は、もし助けてほしい時は連絡するねと言っていた。
連絡されてももう私は客室整備の仕事に一直線だから困るけど、
社長は私がホテルの客室整備の仕事に就くことはしらない。
でも、本当に連絡してくるわけ無いか。
何はともあれ無事に退職できた。

その後、後任者のMさんとお茶をした。
明日から不安で不安で仕方ないというのだ。
でも、やるっきゃないから出来る限り頑張ってと言った。
何か目標とかやりたいことがあれば我慢できると考え、
コンピューターとか仕事に必要な資格をとる事を目標にして
頑張っていくつもりらしい。無理をしてほしくない。
Mさんはメンタル面でちょっと弱そうだから自分のペースで
頑張ってほしいと思う。
そして分かれる時、最後の最後まで見送ってくれて、
私が地下鉄の階段を下りていくと、バイバ~イと手を振ってくれた。
たった2か月の間だったけど、分かれるのがつらかった。
もう少し一緒に仕事をしたかったな。
でも私が辞めることになったから知り合う事が出来たわけで、
これからだってたまには会ってお茶をする事だって出来るんだ。
いい出会いだったなーと帰りの電車の中で考えていた。


そして、家に帰ってから早速パソコンを立ち上げて、
12時なったらシンガポール行きのチケットをゲットすべく奮闘する時間。
と思いきや12時から1時半までANA国際線のチケットの予約ページは
メンテナンスを行うという事で、新料金判明までにまた1時間半
待たなくてはいけなくなった。がっかりしながらもお風呂に入ってしまおうと
お風呂場に湯を溜めに行った。
1時にお風呂から出てきて忙しなくドライヤーで髪を乾かしたり、
コーヒーをいれたりして1時半になるとすぐにANAのHPを開いた。
日付・行き先・泊数などを入力してエンターをしたら、びっくり。
なななんと航空運賃自体が先月の1万3千円から2万4千円も
上がっているではないか?????確かに燃油サーチャージは3千円
近くに大幅ダウンしているが、運賃がこんなに上がっていては
意味が無いではないか!がっくり。こういうことなんだなと苦笑い。
成田⇔シンガポールのチケットは燃油代が下がろうとも、
支払う合計の価格が最安値で3万7~8千円なんだな、
2万円で行こうなんて考えた私がバカだったな。
飛行時間往復で14時間で2万円なんて到底無理なはなしだったんだ。

どうしよう。JALもみてみたが、殆ど同じだった。
色々悩んでいるうちに3時になってしまい、欠伸の連発だったので、
取り敢えず床に就くことにした。
そして今日の朝、4万でも今までと比べれば全然安いし、
退職した今この時期じゃないと1週間も行けないと思い、
結局、多少悩んだ末、ついに行くことに決定。
スケジュールは
4月11日 JAL719便 11:05発 17:15(現地時間)着
4月16日 JAL712便 08:20(現地時間)発 16:15着
ホテルは予定通りカトンのFragrance hotel joo chiat
5泊で2万円。1泊4千円。安い。

  fragrance hotel joo chiat     fragrance hotel joo chiat 3

17日帰国予定だったけど、20日から面接活動をする予定で、
帰ってきてから2日間はゆっくりしたかったので、1日は早めて16日にした。
決まりー。行って来まーす。退職後の旅行は理想だったから、いいよね。
頑張ってきた自分と、これからホテルの客室整備で頑張る自分に
エールを送ることにした。


そして今日は会社の近くの銀行に定期預金と積立預金を解約しに行った。
その帰り、気になっているビジネスホテルを観察してきた。
このホテルに就職することになるか判らないけど、
時間がたっぷりあるので、足を伸ばしてゆっくり歩いてきた。

 comfort hotel   comfort twin   comfort single

周辺をまわってジロジロみてきちゃった。
なんか早く中に入って掃除したくなってきた。
ホテルをみてるとなんかテンションが上がる。
なんか鉄道マニアの少年になったような気分になる。


明日から部屋の交換の準備の始まりだ。
予定通り2日から6日までの5日間で終わらせないと。
退職後の余韻をもう少し味わっていたいけど、
明日は天気が良さそうだし頑張るかー。



関連記事
目 次
プロフィール

みさリン

Author:みさリン
ビジネスホテル客室整備のプロをめざし日々頑張ってます
シンガポール旅行が好きで今迄もこれからもホテル清掃の事を中心に旅行の事も盛り込んでブログ作りをしていきたいと思ってます。




カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード