ビジネスホテル客室清掃の仕事に復活! 事務職

試雇期間中の解雇の続編

昨年12月22日に雇用した総務部長が、試雇期間中の3月16日に突然解雇された件の続きです。
慰謝料というような名目で6ヵ月分の給料を払えという文書が来て、弁護士に対応をしてもらったにもかかわらず、東京労働局というところから、「あっせん開始通知書」なるものが届いた。

元総務部長Hが、あっせん申請書を労働局に提出をしたらしい。そして、それを受けて、労働局では、Hと会社の間の話し合いを取り仕切る、あっせん委員を立てるので、話し合いに応じろ、という内容だ。あっせん委員というのは、弁護士や大学教授、社労士などの労働問題の専門家が選任されているそう。

しかし、その話し合いに応じなかったところで、会社側が不利になるということはなく、話し合いで解決を試みようとしたHが、今後、訴訟や裁判に移行するかどうか、といったところ。

60年以上会社経営をしてきた会長は、今までこんな経験がなかったので、多少動揺しているように感じた。こちらにも決して非がないわけではなく、逆に感情で物事を処理してしまうタイプの人間なので、いつかこういうことがあってもおかしくないと、私は思っていた。

超ワンマンだから、今までなかったことが逆に不思議。というか、ワァーワァー騒いだところで、弁護士にお金をたくさん払って処理させてしまうから、つまらないことをしないほうが得策だと考えて、辞めていく社員が今までどれだけいたことか・・・・っていう会社なのだ。

こんな会社だけれど、自分にとっては居心地は良い、とまでは言えないが、悪くはない。あまりにも、労働者の権利を振りかざすと居心地はかなり悪くなるけど、そこそこ我慢をして、やるだけのことはやっておくと、それなりにいいことがある、のです。それなりに良いこととは、もちろんお金にかかわることですよ。やっぱ、お金のために働いていると強く実感するな、この会社にいると。良くも悪くも。

最近は、こんな会社にずっと居るもんだから、ビジネスホテル客室清掃の記事を書いていなくてすみません。



スポンサーサイト



サザエさん症候群

会社員やOLが日曜の夕方、フジテレビの「サザエさん」が始まる頃になり、翌日の仕事のことを考えると憂鬱になる“サザエさん症候群”というのがある。毎週ではないけれど、自分も最近そう感じることがある。今日もそうだ。昨日の同じ時間は、まだ明日も休みだという安心感というか、解放感があったから、憂鬱にならなかった。

先週から、試用期間に解雇になった総務部長Hの後継者を募集しているので、面接が続いた。結構ストレスが溜まる仕事だ。数名候補に挙げて、役員に最終面接をお願いした。しかし、結局、誰も採用することがなかった。一人もこの会社に向く人がいないと言われた。と言われても、もう応募書類は、これ以上来ていないので、また、募集をしないといけないかもしれない。もうどうにもでもなれって気になってしまった。

試用期間に解雇になったHから文書が届いた。ちゃんと給料3ヶ月も支払ったし、1か月前に解雇予告をしなかったので、更に1か月分の解雇予告手当も振り込んだ。にもかかわらず、6ヶ月分の給料を支払ってくれ、という文書だった。なぜ、6ヶ月分かわからない。労働基準法の範囲内の事ではなさそうなので、役員に言われて、顧問弁護士に全てお任せすることになった。

そんなこんなで、サザエさん症候群になっているのかもしれない。いくつになっても、会社に行きたくないという憂鬱な気持ちになるものなんでしょうね。休日にはほとんど仕事や会社のことを考えない友人や知人が羨ましい。自分はつい考えてしまう人間。考えても憂鬱にならなければ問題はないのだけれど。また、以前のように、年に何回も大好きなシンガポールの安ホテルに身を隠しに行こうか!


定着しちゃってる

あ~、忙しかった。
昨年の12月22日から勤務していた、試用期間中の総務部長が解雇されてから、案の定、自分がその後の色んな雑務をすることになってしまった。ハローワークに行って求人の申し込みをし、応募者の面接を数名、来週もまた数名の面接が待っている。この会社に入社してまだ5年だというのに、一人で何人もの面接をするというのはきつい。

今まで何回も、それこそ数十回も転職しているので、面接を受けるほうは、案外慣れているけど、面接をする側は、初めてではないけれど、けっこう疲れるしストレスが溜まる。相手の将来が掛かっているかもしれない事だから、かなり慎重になる。自分が面接を受ける立場だったら直感で判断することも多かったが、する側はそうはいかない。

履歴書を数十人分も熟読して、その中から数名に絞り込んで面接をする。そんなに人を見る目も判断力もない自分に会社側というか役員は自分にその全てを託してくる。こんなんでいいのかと思うこともある。逆に考えれば、それだけ信頼されているということなのか。偉そうに面接をしている私だって、本当はこんな歳になってもまだ仕事で悩んでいるというのに。

最近、もう面倒だから、というのはちょっと表現がおかしいけど、この会社で腰を落ち着けてしまおうか、と思いだしている。そうすれば経済的な悩みがひとまず解決するし、体力的に楽かなと。ビジネスホテルの客室清掃に転職するにも、かなりのエネルギーがいるから、精神的にも楽かもしれない。

この<楽>という言葉を使うと、良いイメージを感じられないけれど、このままこの会社に定着しても、決して楽なわけではないから、この道を選んでも、面倒くさいから楽の方に流れてしまった、という風に考えなくてもいいのではないかな。今は頭の中が、今の仕事のことしか考えられない。来週も早々に面接があるし、役所に提出する書類が山積しているから、それだけで頭がいっぱい。

でも、目の前の仕事を淡々とこなしていくという、当たり前のことをしている自分がいて、それでいいのではないかと今考えている。5年間、真面目に丁寧に仕事をしてきたから、上から信頼されていると思っていいのではないか、なーんてね。自惚れですね。


チセっちさん、ご連絡ありがとうございます。
お元気そうで、そして目的の為に頑張っている姿が目に浮かびます。
でも、あまり無理をせず、くれぐれもお体を大切にしてください。
以前、新しいブログを始めるという記事を書いておられましたが・・・
もし、始めているのでしたら、おしえてもらってもいいですか。
私の新規ブログもそろそろ動き出します。そちらもよろしくです。




「試雇期間」の続き

おとといの記事の続きを書きます。
試雇期間が終わって解雇された総務部長は、午前中で帰って行った。去り際に、「労働基準監督署に行って訴える!」と言って帰って行った。みんな誰も止めなかった。かえってそのほうが会社の労働環境が良くなると思っているんだろうか。

以前に10年余り勤めた会社も、同じように、突然解雇を言い渡された社員がいて労基署に訴えに行った。後日労基署から、これこれこういう訳で誰々さんが御社の労働環境について異議申し立てをしに来た、というような内容の手紙が届いた。それに関する実状を書いて労基署に送っただけで、それっきりだったそう。

喧嘩両成敗のような結果だった。裁判で争うことになって、慰謝料やら何やらを請求されるかと思いきや、お咎めは一切なかった。お互いに言い分があって、どちらが悪いどちらは悪くないという判断ができないような訴えだったのだろう。

今回も後日、労基署から何かしらの反応があるだろうか。どうやらその窓口が自分になりそうな気配がある。まっ、言われたことをそのまま役員に伝えるだけだから、何も難しいことはないと思うけど。この会社にいるといろんな仕事がまわってくる。ペンディングになってしまう仕事のフォルダがいっぱいになる。そこいくと、ビジネスホテルの客室清掃は、一日一日が勝負で後を引くことがない。その点がいいな。




試雇期間

今の職場で、自分と同時期に入社した総務部長が昨年の暮れに退職した。その後任者の試雇期間が今週の金曜日で終わる。でも、そのまま正規に採用しないことになった。僅か3ヶ月で使えないと判断されてしまうなんて、本人もたまらないと思う。理由は、あまりよくわからないが、いわゆるKYというやつらしい。言われてみると、腑におちることがいくつかあるなぁと思った。

しかし試雇期間だからといっても、たいていの場合、採用されて一安心している時だし、普通に仕事をしていれば正規採用となると考える。けれど、この職場はそうではない。超ワンマンな会長が、社長の意見をほとんど聞かず相談もせず、物事を決めてしまう。だから、朝令暮改な出来事が日常茶飯事になる。どういう訳か、引き寄せの法則なのか、こういったブラックっぽいグレーな企業に縁がある。

最近、疲れてきてボーっとすることが多くなった、というかボーっとしないとノイローゼになりそうなほど会社のことで悩んでいる、かも。もう年も年なんだからもうちょっと落ち着いて毎日普通に仕事がしたいと思う。焦るとまた一昨年のように体調を崩してしまうかもしれないので、睡眠だけは充分にとって、客室清掃に復帰することを目標に頑張るのみ。

客室清掃の仕事も、試雇期間があるといえばある。ノルマをある程度の期間にこなせない場合、ちょっといずらくなるかもしれない。そうなる前にダメだと思ったらさっさと辞めていく人もかなり多いかもしれない。事務職と違って向き不向きがはっきりしている仕事だと思う。自分が向いているかといえば、すぐに向いていると言いたいが、ほんとうは事務職のほうが向いているかもしれない。

しかし、それは事務職のほうが自分にとって安定した収入を得られる仕事であって、「好き」という概念ではない。その仕事が好きでやっている人ばかりではないと、もちろんわかってはいる。けれど、ホテルの客室が大好きな自分にとっては、客室清掃という仕事は大変だけどお金にならないけど、自分の仕事にしたい、と思う。やりたい仕事と、自分に合っていてお金の安定した仕事とのギャップで悩む。






目 次
プロフィール

みさリン

Author:みさリン
ビジネスホテル客室整備のプロをめざし日々頑張ってます
シンガポール旅行が好きで今迄もこれからもホテル清掃の事を中心に旅行の事も盛り込んでブログ作りをしていきたいと思ってます。




カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード