ビジネスホテル客室清掃の仕事に復活! シンガポール旅行

再度シンガポールへ

上野のホテル辞めました。
もちろん契約通り2週間前に意思を告げてから辞めました。
仕事は確かにきついけど嫌いじゃない。でも、本当に自分がこのまま
続けていけるか分らなくなってしまった。
もう少し考えたい。経済的に余裕なんて全然ない。
でも、今しかないと思った。毎日掃除しながらだと本当の自分の気持ちが
分らない。どうしよう。どうしよう。毎日イライラしている。
この仕事に賭けて前の事務職を辞めたので、この先が見えない。
客室清掃は確かにきついけど充実感はある。
でも、なんか違う。納得のいく仕事をしている人なんてそんなに沢山いる
訳じゃない。そうなんだけど。お金を得られればどんな仕事でも本当は
いいんだけどって思っていたけど、もう一度考えたい。
頭でっかちになっているのかもしれない。

もう一度シンガポールに行ってきます。
明日から4日まで。5泊6日。もう一度行かせて下さい。


スポンサーサイト



予定変更&ショップハウス

今週から就活開始の予定だったが、少々体調が悪くなり予定変更。
来週から開始することにした。といっても一応求人冊子を見て
電話だけして面接の日時を決めておこうとは思っているが。
流石に退職後の6日間に渡る部屋のリフォーム?の3日後に
旅行に出かけハードに動き回ったツケが来てしまったのだろう。
のどが痛くてだるくて仕方が無かった。熱は出なかったけれど、
久し振りに風邪を引いてしまったのかな。
常夏のシンガポールから帰って来たので、体力がなくなっていたせいもあるな。
それにもうちょっと家に居たいという思いもあるかな。

でも、昨日は退職金が入金されていたので、
住宅ローンの繰上げ返済の為銀行に行った。
といっても、借り入れをした支店に足を運んだのではなく、
家の近くの支店へ行き、ATMの隣に設置されているテレビ窓口という鍵の掛かる小部屋みたいなところで小さなテレビ画面に映る行員さんの指示に従いながら、
簡単に手続きが出来るのだ。ビックリした。こんなに簡単にできるなんて。
私が高卒で銀行に入社した時にはファックスさえなかったのに。
テレックスという紙テープの様な物に点字みたいなのを打って送信するといったのがあったのを覚えている。
余談になってしまったが、昨日は天気が悪かったが早く返済をして
しまいたかったので、体調が悪かったが出かけた。
でも、手続きが終わってから、また頑張って働こうと元気が出てきた。
ある程度お金がないと何もできないからなぁ。



今日はシンガポール旅行記その2 ということで、
自分がなぜシンガポールに惹かれるのか、いくつか理由があるが、
その一つとなるショップハウスをアップします。
昔、ショップハウスというのは1階がお店になっていて、2階・3階が住居になった
建物で、シンガポールだけではなくマレーシアなどにも多いらしい。
今では殆どが1階は店舗だが2階は事務所になっているらしい。
間口が狭く奥行きが深い、窓に特徴のある建物。
間口の広さによって税金が決められたので、出来るだけ狭くしたらしい。
再開発の為、ペンキで綺麗に塗られているが、以前はボロボロ状態の
ショップハウスが大方だったところ、昔の町並みを残す為、建替えずに
リフォームをしたということ。今回の旅行で泊まったKATONG地区には
NIPPON PAINTという看板がかかっている店が何件かあった。
ペンキが大量に必要なことに目をつけた日本の企業が進出したのか。

shophouse-katong  shophouse-katong2  shophouse-katong3
shophouse-katong4 shophouse-katong5  shophouse-katong6
shophouse-katong7  shophouse-katong8 shophouse-katong9
shophouse-katong10  shophouse-katong11  shophouse-katong12

今回の旅行はこのKATONG地区のショップハウス群を観るのが第二の目的だったので、ちょっと多めにアップしました。くどかったかな。
でも、このショップハウスが大大大好きなんです。ほんと綺麗です。
ちとうるさい位ペンキを塗り捲っているのもあるが、でもすんごいです。
ショップハウスはホテルやレストランやお店になっている所が今では多いですが、
上の画像は全て住居です。ショップハウスのホテルは2度泊まったことがあります。
日本にもショップハウスをリメイクしたようなホテルがあったら、
そこで客室整備をやりたいなぁ~と思うくらい好きなのです。



今日はここまでにします。 

帰って来ました

一昨日の16日木曜日に5泊6日のシンガポール旅行から帰って来ました。
今回は退職後の自分をリセットする旅行で、のんびりする為に今までより
長く5泊にした筈だったが、のんびりどころか欲を出してしまい、計画して
いなかった所も行ったり、時間が余ったので同じ場所にもう1度行ったりと、
かなりアクティブに行動して来た。なのでとても疲れた旅になった。
でも、今までよりかなり現地の暮らしに密着した旅だったので大満足。
タクシーには一度も乗らず、電車とバスだけで動き回った。
あっ!でも帰りにホテルから空港へ行くときだけは電車もバスも
まだ動いていない時間だったので、タクシーに乗ったんだっけ。

日本のPASMOやSUICAと同じ様に、電車もバスも乗れるプリペイドカード
(イージーリンクカード)というのがある。前回の時に余った分が7ドルちょっと
あったが、取り敢えず10ドルチャージした。この17ドルでいけると願いつつ
毎日電車・バスに乗りまくり、結局残ったのが4ドルちょっと。
空港で1ドル68円で両替してあったから、13ドル(884円)で全ての交通費は
賄えた。5日間で884円なんて日本だったら考えられない。ほんと安い。

ホテルがあるパヤレバー駅には難なく行けたのだが、
駅からホテルがかなり遠かった。ホテルと反対側へ歩いて行ってしまったっけ。
なんか変だと思ってまた駅に戻り、駅から地図を片手にスーツケースを
引きずりながら約20分は歩いたかな。雨上がりの為、道もぬかるんでいた。
飲食店やらショッピングビルやらをいくつも超えてやっとホテルに着いた。
想像通りかわいらしい立派な建物だったが、やっぱり赤線地帯のはずれと
いうこともあり、ホテルのあるジョーチャット通りはパブやカラオケ店等があり、
ちょっと柄の悪い人達が多いかなという感じもした。でも怖くはなかった。

という事で、5泊お世話になったホテルをアップします。Fragrance Hotel Joo Chiatです。

fragrance hotel farcade fragrance room3 fragrance room2


fragrance room1 fragorance hotel view from window fragrance hotel shower room1 fragrance hotel shower room2 

思ったより広くて清潔で良かった。窓からの景色が結構自分好み。
でも、一つだけ難点が・・・ ベッドのシーツの下はビニールレザーで
汗を吸収せず、心地悪かった。でも、1泊4千円にしては良かった。

取り敢えず今回の旅行記のホテル到着まで。
その後は次回以降少しずつ書く事にします。



行ってきます

昨日は久し振りに美容院へ行った。
白髪がすっごく目立つようになってしまったし、だらしなく伸びてしまったので。
もしかしたら今年初めての美容院かも。
あまり洋服とか身なりを構うほうではないので、
会社を退職してから、以前より益々気を使わなくなった。
でも、また四月下旬からはホテルの面接があるし、
決まったら早速働きはじめたいので、元に戻ると思う。


明日からシンガポール旅行。
朝6時ころに家を出ないといけないので、4時に起きる。
あまり眠れないけど、飛行時間が7時間なので、飛行機の中で寝ることにする。
それでは、行って来まーす。


お墓参り & シンガポールのホテル

昨日はお墓参りに行ってきた。
母方の祖母と両親が眠っているお墓だ。
いづれ私も入ることになるお墓だ。
祖母は娘が生まれる1ヶ月前に亡くなり、
父は私が33歳の時、母は35歳の時に亡くなった。
昨年は旅行ばかり行っていて、1回しか行かなかったので、
今年はなるべく行こうと思っている。
家を出るときは雨が降っていたが、お墓のある八柱駅に着いたら、
雨が上がりすっかり良い天気になって、お墓参り日和になった。

帰りにちょっとお高めの和食屋で食事をし、
そのあとベローチェで姉とお茶をした。
姉に会うのはほんと1年ぶり。昨年のお正月以来。
たまにメールで連絡を取るが、殆ど用件のみ。
今日は色々話をした。

今月一杯で今の会社を退職し、来月からホテルの客室整備の仕事に
就く事を話したら、特に驚いてはいなかった。
驚くどころか事務職より客室整備の仕事のほうが向いている気がする、
と言われてしまった。なぜそう思うのか聞いてみたら、
なんとなくそんな感じがする、そうだ。
そのなんとなくってどういうことってしつこく聞いてみたけど、
ほんとになんとなくそう思う、だって。
なんとなくでも嬉しかった。
客室整備の仕事に向いていると言ってくれた人は、娘とこの姉の二人。
肉親の二人がそう言ってくれるって事は、絶対向いているんだと確信。



そんな訳で?今日は今まで6回シンガポールへ行った中で5回目と6回目に
泊まったホテルをアップします。

まずは5回目9月12日から15日の3泊4日の時泊まったPenta Hotel。
ココはMRTのFarrer Park駅から2分くらいのところにある。
ホームページがないのでファックスで予約をしました。
日本人が殆ど泊まらない安ホテルで、周辺はインド系の人が沢山いて
異国情緒を味わえる地域でした。有名なムスタファというインド系のデパートからも
歩いて3分位でコンビニも近くにありホンと良かったです。
このムスタファの別館で22金のアクセサリーを買って来ました。

 penta hotel overview    penta hotel room     penta hotel view from window
デジカメの腕前が良くないので、あまりきれいではありませんが、窓からの景色は実際とてもきれいでした。



次は昨年12月30日から1月3日に4泊したKeong Saik Hotelです。
ここはチャイナタウンの西側にあるKeong Saik Road沿いにあるホテルです。
もともとこの辺は20年以上前位までは娼婦の館がほとんどだったらしいけど、
リニューアルされて観光ホテルやビジネスホテルやレストランに変わっています。
その中でもこのホテルは、当時の面影を残しノスタルジックな外観です。
MRTの Outram Park 駅から3分くらいのところにあります。

keong saik hotel farcade keong saik hotel room keong saik hotel entrance keong saik hotel
隣がインド系の寺院で年末のカウントダウンの時は
地響きがするほどに騒がしかったです。
でも、ここは部屋や廊下がフローリングで、
暑いシンガポールでは絨毯よりも清潔だと思います。

まだまだ色々ホテルの画像は沢山あるので、時間があったらアップしたいと思う。


3月中に娘との部屋交換はちょっと出来そうに無く、
4月に入ったらすぐ始めることになった。
予定通りにはいかないなぁ~。 あと退職まで7日間の出勤。
3月31日は送別会をやってくれるとのこと。感謝。
あと7日間といっても、もうやることも殆ど無い。
自分の雇用保険の手続き(離職票など)や
住民税の普通徴収への切り替えや、
退職金の手続きなどをじぶんでやってしまおう。
会社には申し訳ないけど、
もう心はホテルの客室整備の仕事のことで一杯になっている。
お世話になりましたーって感じで、ほとんど寂しさは感じない。
思いっきり働いてきたから、この会社では事務職で完全燃焼したっていう感じ。
でも、来週も頑張ろう。


目 次
プロフィール

みさリン

Author:みさリン
ビジネスホテル客室整備のプロをめざし日々頑張ってます
シンガポール旅行が好きで今迄もこれからもホテル清掃の事を中心に旅行の事も盛り込んでブログ作りをしていきたいと思ってます。




カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード