ビジネスホテル客室清掃の仕事に復活! つらさを克服する

筋肉痛がきつい

この記事は、私が運営しているサイト 「ビジネスホテル客室清掃.COM」 からの引用です。

私が初めて客室清掃の仕事に就いたのは40代後半で、それ以前は転職を繰り返していたが、ずっと事務職だったので、体力を必要とする仕事ではなかった。だから、体力に自信はあったものの運動不足だったので、客室清掃を始めたら、もう初日から筋肉痛で歩くのもやっと(ちょっとオーバーかな)の日々が続いた。もちろん筋肉痛でも仕事に行かなくてはいけないから、痛みをこらえて出勤し、痛みをこらえて客室清掃を続けることになった。

同時期に客室清掃を始めた方たちも、もちろん筋肉痛だと口々に言ってはいたが、私のようにその筋肉痛が長く続く人はいなかった。1週間~10日もすると同期の方たちはほとんど筋肉痛がおさまっていた。 一方、私は1週間どころか10日過ぎても2週間過ぎても、筋肉痛が和らぐことがなかった。でも、清掃をしている間はあまり痛みを感じることはなかった。清掃に集中している間は痛みを忘れることが出来たのだろう。

しかし、その日の清掃が終わると、たちまち痛みを感じるようになり、帰りによく皆でコーヒーショップに行っていて、そのコーヒーショップの2階席でお茶をするのが日課になっていたのだが、2階に上がるのさえ、大変つらくて、よく皆から、なんでそんなに痛いの?と言われていた。

自分でも、どうしてかわからなかった。自分より体力の無さそうな人でもとっくに筋肉痛が治っているというのに、どうして自分だけこんなに痛いんだろう?とその時は結構悩んでしまった。 客室清掃は自分には向いていないのかもしれないとさえ思うようになってしまった。

その後、上司から言われたことで納得した。 今まで、事務職など座って仕事をずっとしていた人がいきなり客室清掃の仕事を始めると、筋肉痛や体の疲労が強くて、慣れるまでにかなり時間がかかるという事だった。1ヶ月はかかるでしょうという事だった。その通りに、1ヶ月後にはかなり筋肉痛が和らいで、仕事がし易くなった。この1ヶ月間は、この客室清掃という仕事の大変さを身をもって実感した時期だった。

客室清掃を始める前にどんな仕事をしていたかによって、疲労感や筋肉痛の程度が違ってくる。 事務職などの座ってする仕事で体をあまり動かさずに働いてきた人は、1ヶ月くらいは筋肉痛を覚悟したほうが良いかもしれない。事務職をしていた人でも、週末にスポーツをしていたり、頻繁に動いていた人は1ヶ月もかからないかもしれない。自分の場合は、週末には家事以外は何もしなかったので、大変な思いをした。

自分と同時期に客室清掃を始めた人で、それ以前は書店でバイトをしていた人が居たが、書店というのは、けっこう体力の必要な仕事らしく、動き回っていたらしいので、ほとんど筋肉痛にならなかったようだった。最初のたった2~3日だけで、その後は筋肉痛とは無縁だった。

ビジネスホテル客室清掃を始める際は、どんな仕事をしていたかによって筋肉痛や疲労感が全く違うと知った。 事務職のような座ってする仕事で運動不足の人は、約一ヶ月間の筋肉痛を覚悟したほうがいい。 割と動き回って体力を必要とする仕事に就いていた人は、長くても10日くらいで筋肉痛とさよならできると思ってよいかもしれない。 一日の仕事が終わり、家に帰ったら、ゆっくりお風呂に入って、睡眠を充分に摂って翌日に備えよう。

でも、10日でも1ヶ月でも過ぎてしまえば良いのですから、あまり悩まないように。筋肉痛よりも、その後、客室清掃をやり続けることのほが大切だから。


スポンサーサイト



体力的にきつい

この記事は、私が運営しているサイト 「ビジネスホテル客室清掃.COM」 からの引用です。

自分が初めて客室清掃の仕事に就いたのは40代後半だった。体力には自信があったが、それまで何十年もほとんど事務仕事ばかりだったのでかなりきつかった。ビジネスホテル客室清掃の仕事にデビューした初日、全身から火が出ているように感じるほど、暑くて、体中が痛かった。こんな仕事だったんだ。しまった。どうしてできるなんて思ってしまったんだろうと。

でも、一日で辞めるわけにはいかないので、次の日も次の日も、取りあえず何も考えないようにして少々無理をしてでも続けた。そうして、10日~2週間くらい過ぎたころ、ふっと楽しいという感情が湧いてきた。もともとやってみたかった仕事だったが、初日の辛さがほとんどゼロになるくらいの嬉しさだった。そして、仕事を終わった後のアイスコーヒーの美味しさは格別だった。

それから、仕事中に体の痛さを忘れるくらい、客室清掃をしている私を楽しめるようになっていった。自分はもともと、ホテルというものが自分にとって特別な場所だという感情があったので、楽しめるのだと思う。しかし、自分のような者は特別ですから、そんなに楽しめる人もあまりいないと思う。少しでも楽しめるようになると、多少は体のきつさを忘れられるように思う。

ビジネスホテ客室清掃をしている間の4~5時間の間に何でもいいですから、楽しみを見つけられると良いかもしれない。たとえば、バスルームの清掃は嫌いだけど、ベッドを組むのが楽しいとか、効率的な動き方を常に考えるとか、何でもいい。とにかく楽しみを見つけて欲しい。そうすると、身体のきつさがだんだんと和らいでくるはずだから。

自分が初めて客室清掃をしたホテルで、3か月くらい私より早く仕事を始めていた女性の話です。その女性は、細身であまり体力に自信が無さそうな女性だった。ノルマをこなせず、悩みながら毎日清掃していた。そしてある日、突然仕事中に呼吸困難になってしまった。暫くは部屋数を少なくして続けていましたが、3か月でノルマをこなせず辞めてしまった。

辞めようかどうしようか悩みながら続けていると、良い結果にならず、体力がますますなくなってしまう。同じ悩みでも、どうしたらベッドを早く綺麗に似仕上げられるかとか、なんでバスルームに時間がかかってしまうのだろうといった前向きな悩みだったらそうはならなかったはず。楽しさを見つけ、自然に体力的なきつさを克服しよう。

しかし、客室清掃の仕事を続ければ続けるほど体調が悪くなったり、自分には、しんどい仕事は向かないと本気で判断した時にはこの仕事を諦めた方が良いかもしれない。自分も事務職が長いので、とってもきつかった。しかし、この仕事の魅力を楽しさを見つけてしまった。何か楽しさを一つだけでも見つけられれば、いつかあんなにきついと思っていたのに、今はそうでもないと思える日がきっと来る。その日まで是非頑張ってみてほしい。

そして、普段から体に気を使い、健康で楽しく仕事ができるように努めることも大変大事なこと。帰宅したら、ゆっくりお風呂に入り、体を休めることも忘れずに。入浴後にアロマでも焚いて精神的にもリラックスしましょう。


精神力が弱い

この記事は、私が運営しているサイト 「ビジネスホテル客室清掃.COM」 からの引用です。

ビジネスホテルの客室清掃という仕事を選んだのは、一人で黙々とできる仕事だと思ったから、という人は案外多い。自分にとっても、それがこの仕事の魅力の一つ。でも、他人と顔を突き合わせて仕事をしたくないという事ではない。一部屋の清掃を最初から最後まで一人で担当するのは、やり終えた後の達成感が大きいから。他の人と一緒に一つの部屋を協力して清掃を終わらせる方が達成感が大きいと思う人もいるので、考え方の違いにあると思う。

しかし、一人で出来る仕事だからこの仕事を始めたといえ、なかなか思うように仕事をこなすことができず、やっぱり無理だったと思ってしまう人が少なくない。毎日毎日頑張っても一人前になれず、挫折してしまう。悩みながら清掃をしているために、思ったように体が動かず、集中力が途切れ途切れで、ますます悪い状況になってしまう。そして最後には、もう辞めよう、もうこんなつらい仕事は辞めようと、この仕事の楽しみや充実感を感じる前に、辞めることばかり考えいないでしょうか。

もし、本当にきっぱりと辞めて他の仕事を探そうと決めたなら仕方ありませんが、ほんの少しでも客室清掃の楽しみや充実感を感じる瞬間があって、もし辞めたらあとで後悔するかもしれないという気持ちがまだあれば、もう少し頑張ってみてほしい。では、どうしたらほんの少しでも感じていた楽しみや充実感を大きい充実感にできるのだろうか。ただ毎日頑張って清掃する、というだけではなかなか難しいと思う。

そこで、自分が実際に行っていた方法を紹介しようと思う。この方法は、ちょっとでも客室清掃という仕事の楽しみや充実感を感じる瞬間があった人に向いている方法だと思っている。自分が実際にそうだった。充実感は感じているのに、きつい、きついという毎日が続いて考えが整理できなかったときにやっていた方法。このおかげで、ビジネスホテル客室清掃の仕事が大変自分を成長させてくれる仕事に変わり、客室清掃をする前に事務職に就いていたが、事務職よりも楽な仕事とさえ思うようにまでなった。

用意するものはノートとボールペンまたはシャープペンと好きな色のマーカーだけ。
一日の仕事すべて終えて、床に付く前に、好きなアロマを焚いたり、ハーブティーでも飲みながら、今日一日の一人反省会をする。用意したノートに、その日の仕事で感じた事や思った事、上手くいった事、上手くいかなかった事など何でも思うままに書いていく。誰かに見せるために書くわけではないので、こんなこと書いたら笑われる、こんなことは関係ないなど考えずに必ず本心を書いていく。

そして、一番大切なことは、自分の本当の気持ちが出てきやすくするために、かしこまらずにぼーっとしながらサラサラと力を入れずに書いていく。今日一日の仕事に関して湧いてくる気持ちをどんどん書いていく。文章を書くというよりも、思考を書きまくるといった感じに。そして、思考が止まってきて、書くことが無くなったらそこで終わりにする。パタッとノートを閉じて寝てしまう。翌日、同じように、一日の仕事をすべて終え、床に付く前に、前日書いたノートを今日は読んでみる。

その時、昨夜書いた文章の中からポジティブな事を書いた文章だけを好きな色のマーカーで塗る。下記の画像を参考に。ネガティブな事を書いた文章はサラっと読むだけにする。そして、読み終わたら、マーカーで塗ったポジティブな文章を、ぼーっと見つめる。そして、見つめながら心の中でその文章を何度も繰り返す。この時、声に出して繰り返さない。あくまでも、心の中だけで。そうすることによって、客室清掃という仕事に対するポジティブな感情が潜在意識に届き、客室清掃という仕事に対するポジティブな気持ちが揺るぎないものになっていく。

senzaiisikinote.jpg


このように、毎日5分でいいですから、ぼーっとしながらノートにその日の清掃に関することを素直に書き記し、翌日、マーカーでポジティブな文章を塗り、心の中でその文章をぼーっと見つめて心の中で繰り返す。書いている時も、文章を見つめる時も、ぼーっとしながら行うことが重要になる。

これを、毎日続けていく。もう自分は大丈夫、客室清掃が楽しくなってきたと思うようになるまでずっと続けていく。本心から好きだと言える仕事に変わる時がきっと来るはず、是非、試してほしい。この方法は、先ほども書いたが、ほんの少しでも客室清掃をしていて、楽しいとか充実感を感じた瞬間がある方に限る。客室清掃の仕事が大嫌いになってしまった人には向いていないと思う。


仕事内容・労働条件に対する不満

この記事は、私が運営しているサイト 「ビジネスホテル客室清掃.COM」 からの引用です。

客室清掃の仕事は、一般的に仕事内容の割には時給が良くないと言われている。
東京の場合は、他のパートと同等な時給の所が多く、時給だけでみると悪くないが、いざ仕事を始めてみると、最初は大変重労働に思えるので、割に合わないと思ってしまう。

でも、最初は重労働でも、70歳代の人でもやっている仕事なので、コツをつかんで、慣れてさえしまえば、そんなに悩むほどの重労働ではないはず。だから慣れること。慣れることによって平常心で仕事を続けていける様になるし、とにかく慣れるまで頑張ることが必要になる。慣れて役に立つ人材になってくれば、時給が上がるかもしれない。

休憩時間が取れないホテルもある。一応30分と決まっていても、時間内に終わらないとなかなか休憩がとれないもの。自分も、最初に仕事をしたホテルでは30分の休憩時間があることになっていたが、ほとんどの人が休憩を取っていなかった。最初のころは、おにぎりを持って行っていたので、食べていたが、結局、時間内に仕事を終わらせるために、おにぎりは食べず、水分を取るだけだった。

でも、毎日満室で、ノルマが毎日13部屋な訳ではなく、10部屋だったり、11部屋だったりなので、慣れてくれば、案外、おにぎり1個を食べる時間位できるものだと思えた。しかし、満室がつづいたりして、ノルマ13部屋が何日か続くときもあったが、その時は、何とか頑張って仕事をこなさなくてはならなかったが。また、ノルマが減ってきたりして、余裕の時間が少しあったりしての繰り返し。時には、8部屋なんて時もあった。そんな時は、早く帰ることができたり、今日はのんびりやりましょう、という時もあった。どんな仕事でも、集中してこなさなければならない時がある半面、のんびりできる時もあるもの。

ビジネスホテル客室清掃の仕事は、宿泊客のチェックアウトからチェックインまでの間の仕事なので、平均的に10時から3時までが勤務時間になる。でも、10時からだといっても、10時ちょうどに出勤していてはいけないのも事実。10分前でも遅いかもしれない。まずホテルに着いたら、すぐ着替えて、ミーティングの前にその日の準備をしなくてはならない。10時から一斉に清掃にかかるのが普通になる。

着がえる時間、準備をする時間、ミーティングの時間は無給。確かに納得いかないと言う人も少なくないだろう。よく「パートは自分の時間を売っているんだから、その分も給料が欲しい」と言う人がいるが、それは違うと思う。お金になるのは、客室清掃の仕事自体だから、客室を清掃してナンボになる。だから、準備の時間は給料に反映されないのが現実。仕事に対してお給料が支払われるので、着がえたり、準備をするのは仕事自体ではないのだ。仕事はシビアで厳しい。

でも、その仕事のために着がえたり、準備をするのでしょう、という意見を持つ人もいるだろう。しかし、世の中はそういうもの。割り切ったほうが良い。それよりも、良い仕事をすることを考えてくほしい。良い仕事をすることで幸せになってほしい。それが本当の人生の幸せの一つになると思う。


人間関係の悩み

この記事は、私が運営しているサイト 「ビジネスホテル客室清掃.COM」 からの引用です。

人間関係の悩みはどこの職場にもあるものだが、客室清掃の仕事の場合、年配のベテラン女性が多い職場という事から、若い方、特に若い女性には、その年配の女性とのトラブルが多いと思う。ちゃんと仕事のやり方を教えてくれない、ちょっとした意地悪をされる、仲間外れにするなど。

客室清掃の仕事をきちんとやっていきたいと毎日頑張っていても、仕事も割と好きかも知れないと思っていても、こうした悩みによって辞めていく人たちが少なくない。勿体ない事かもしれない。しかし、本当はいじめ等はいけないが、ベテランの彼女たちにも、それ相当の理由がある。

彼女たちは、新人さんが入っては辞めていくのを何人も何人も目の当たりにしている。1日いや半日で辞めてしまう人を、彼女たちは何人も目の当たりにしてきた。せっかく教え込んでも嫌になったらすぐ辞めていく新人さんが実に多い。確かにきつい仕事だが、本当のきつさを経験する前に辞めていってしまう。「どうせ、この人も根性なしだよ。」と初めは考えてしまう。だから、彼女たちは、あなたに対しても、今まで辞めてしまった人たちと同じように思えてしまう。逆の立場だったら、きっと同じことを思うかもしれない。

自分の仕事だけでも大変な中、自分の時間を割いて教えても、嫌になるとすぐ辞めてしまう人たちを何人も見送ってきたら、どんな新人さんが入ってきても、初めはそう思ってしまうのも無理はないと思う。でも、そんな彼女たちだが、あなたが必死に頑張って、体がきつくても、上手くいかない時があっても、ミスを沢山してしまっても、辞めずに続けて、ある程度1人前に仕事ができるようになり、役に立ち始めると、あなた存在を認める。

そして、一度認めたら、今までのような冷たい態度をとらなくなる。あなたも私たちの仲間にやっとなれたわね、といった感じ。だいたい客室清掃を続けている女性(女性に限りませんが)は、全ての人がそうとは言いませんが、根は明るいのですが、表現することが苦手な方が少なくない。だから、お世辞を言ったり、上辺だけでお付き合いをしない。でも、一度分かり合うとけっこう楽になるケースが多い。決して悪い人達ではない。

だからあなたも、最初はベテラン女性の顔色を伺いながら仕事をせず、まず一人前になって、役に立つようになれることだけを考えながら毎日頑張ってほしい。ベテラン女性達は、あなたの努力を影からこっそり見ている。あと、よくある例だが、これも他の職場でもよくあること。

一生懸命教えられたことに忠実に真面目に頑張っていると、そんなあなたのやる気をなくす一言を言ってくる人がいる。それは、「頑張っても時給(給料)は変わらないから、やるだけ無駄よ」だ。それでも今まで通り真面目にやっていると、それが気に喰わないのか、今度は無視をするようになる。そして、あなたに対してちょっとした意地悪をする様になる。自分も以前、何度かこんな目にあってきた。人は人、自分は自分、だから自分は頑張るんだ!と自分に言い聞かせても、気になってしまい、やる気が失せて、どんどん自分がダメになってしまった。

今でこそ、気にせずただ前を向いて頑張れば良かったと思えるが、その時は、毎日毎日無視をされたり、冷たくされたりで、そんな状況から抜け出すことができなかった。でも、今もしそんな状況になってしまっても、平気でいられるようになった。どうしてそうなれたかというと、人間的に尊敬できる上司から言われた言葉が私を強くてくれた。

≪そんな辛い状況の中にいると、その時はそれがずーっと続くと思ってしまいがちだけど、暫くはちょっと我慢をして自分を信じてやり続けていると、絶対に状況は良くなる。頑張った人が報われ、文句ばかりを言っていた人には、それなりの状況しか訪れない。最後は、収まるところに収まるように人生は出来ている。だから辞めることなどない。その仕事を続けたいと思うならば。≫この言葉を信じて、暫く努力を続けていると、確かにその通りになった。

自分を苦しめた女性は、自分の怠慢のせいで、自分の居場所がなくなり、とうとうその自分から退職しなければならなくなった。本当に最後は収まるところに収まるものだと思った。後から考えると、その苦しんだ2年はあっという間だったと思えた。もちろん、悩んでいた最中は長いと感じた。でも、苦しみから解放されると、良い経験になったと感じられるし、自分は人にそんな思いをさせたくないと強く思うようになれた。

そう、苦しい、辛い期間は自分が成長している期間だった。その期間を途中で投げ出してしまうと、中途半端になって、また同じ状況に遭遇してしまう。だから、一度乗り越えることが重要になる。一度乗り越えると、自分に自信が持てるし、今度どんな状況になっても意外と平常心でいられるもの。だから、もし、客室清掃の仕事を続けていきたいと思うなら、一度、その辛い、苦しい状況が収まるところに収まるまで、頑張ってみてほしい。

以前の職場でのこと。これも客室清掃時代の事ではないのだが、参考になるかもしれないと思う。その職場の営業の男性が一日の仕事を終え、事務所に帰ってきてから、その日の売り上げや顧客情報をパソコンに入力しなくてはならず、営業から帰ってきてからの作業なので、毎日残業をしていた。

一方、女性事務員たちは、自分の仕事が終わると、ほとんど毎日のように定時に帰っていた。自分は、その営業の男性に「私にその入力をやらせてください。」と言い、翌日から入力をやっていた。毎日くたくたになって事務所に帰ってくるその営業の男性にとても感謝された。

でも、他の女性事務員たちから、「あなたが入力を手伝うと私たちもやれと言われるから、手伝うのをやめてほしい。」と言われてしまった。でも自分はやっぱり手伝った方がその男性が早く帰れると思い、手伝い続けた。自分の仕事を終わらせてもまだ時間が余ってしまったので、そうすることが当然だと思っていたから。

他の女性達からブーイングを浴び、仲間はずれにされてしまったが、気にするのは止めようと決め、自分を信じて手伝い続けた。そして数ヶ月くらい経過した後、女性達の何人かは自分に賛同するようになってきて、みんなで分担することになった。結局、自分を仲間外れにしたグループのリーダー的な存在の人は居場所がなくなり、辞めていくことになった。

自分が正しいと思ったことは、間違っていない限り、物事は本質的に動いていくものなので、きちんとした方向に行くもの。リーダー的存在だった女性が退職した後、他の女性達はみんなのびのび仕事ができるようになった。どんな職場も、仕事をする場所。大変な人を手伝ってあげたり、協力することはちっとも間違っていないし、当然のこと。そのことに関して、ブーイングをしたり、仲間はずれにする方が、物事の本質から逸れている。

でも、もしあなたの精神や体に影響が出るほど悩んでしまったら、どうにもならなくなったら、遠慮なく上司に相談したほうが良い。そして、助けを求めよう。一人で悩んでいては解決しない。もし、その人(人達)のせいで、次々辞めていく人たちがいるとしたら、環境を改善しなくてはいけない。悪いお局のいる職場は、絶対、長く働ける場所ではありえない。

清掃会社側に相談してもらちが明かない時は、労働基準監督署に相談しても良いと思う。でも、労基署に相談するにはそれ相当の覚悟がいるので、ホテル(清掃会社)を変えたほうが、得策かもしれない。


目 次
プロフィール

みさリン

Author:みさリン
ビジネスホテル客室整備のプロをめざし日々頑張ってます
シンガポール旅行が好きで今迄もこれからもホテル清掃の事を中心に旅行の事も盛り込んでブログ作りをしていきたいと思ってます。




カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード